ファクトリーオートメーション

多品種少量生産の現場において、必要なものを必要に応じて作るという柔軟性のある生産ラインが欠かせません。そのために、生産量を上げるためのコンセプトとして以下の5項目をシステム構築の基本としております。

  • 鉄構事業
  • メガソーラー事業
Copyright © KAGAYA Co.Ltd. All Rights Reserved.